エフエックスのシステムトレードツールのミラートレーダーはシステムを選択するだけで自動売買ができるので、FX初心者やFXシストレ初心者でもすぐに始めることができます。

ミラートレーダー

ミラートレーダーは、Tradency社の選択型システムトレードツールです。システムトレードというと、昔は自分でプログラムを組んだり、最近でもメタトレーダーのように自分である程度システムを作る必要がありましたが、このミラートレーダーなら、数ある選択肢の中から選ぶだけでいいので、初心者でも比較的簡単にシステムトレードを始めることができるのです。

このミラートレーダーを採用しているFX会社はたくさんあります。

FX会社によって名称は異なっていますが、実際にはミラートレーダーを使っていて、基本的な操作はほとんど変わらないのです。

日本のFX会社では、FXCMジャパンの「らくちんFX」や、FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」などが、有名です。

例えば、メタトレーダーは有名なシステムトレードツールですが、プログラミングの設定など操作を覚えるには時間がかかりますが、ミラートレードの場合には、システムを選んでデータ項目をセットするだけで運用することができるのです。

また、ミラートレーダーは、Webアプリケーションですから、ブラウザさえあれば、使うことができ、インストール必要がないのです。MTの場合には、パソコンをずっと動かしておかないといけないですが、ミラートレーダーはその必要はなく、FX会社のサーバーで動いてくれるのです。

自分のパソコンで動かさないので、パソコンが固まるなどで取引できなくなるリスクもありません。もちろん、FX会社のサーバーがトラブルケースもあるでしょうが、個人のパソコンと比べれば、その可能性はかなり低いですから、信頼性がかなり高まります。

さらにミラートレーダーには、選択可能なシステムが数百~千以上あるのです。ここまで選択肢の多いシステムトレードツールは他にはないのではないでしょうか。

ただし、ミラートレーダーは、細かな設定ができないので、もう少し細かな設定がしたいなどの場合にはメタトレーダーなどを使用することになりますね。

FX(エフエックス)の自動売買

FX(エフエックス)の自動売買は最近になって非常に人気を集めてきました。ではなぜこれほどが急激に人気を集めてきたのでしょうか?その理由の一つとしては、必要になってきたからと言えるでしょう。必要性とは最近のマーケットについてです。

マーケットというと取引所を想像すると思いますが、ここでは実際に売買が行われるところマーケットと呼ぶことにします。マーケットはどうなっているのでしょうか?ご存知のようにFX(エフエックス)のマーケットというのは一つのサーバーの中で行われます。つまりマーケットはすでにコンピューター化されているのです。

コンピューター化されたマーケットで取引を有利に進めるためには、やはりトレーダーもコンピューター化しておく必要があるでしょう。このようなことから自動売買が必要になってきたと考えられます。もうひとつの理由は可能性になってきたという事ではないでしょうか。自動売買ができる環境が簡単に作れるようになって来たということが理由の一つだと考えられます。

なぜ簡単に環境が作れるようになってきたかというと、やはりコンピューターの量産化などによるところが大きいのではないでしょうか。現在、FXの売買をしている人の中でパソコンを1台も持っていないという人は、どちらかというとマイナーな存在でしょう。誰でもパソコンを購入できる時代になってきましたし、サーバーをレンタルするのも費用がかからない時代になってきたのです。このような理由からFXの自動売買が人気を集めてきたといえるでしょう。

FX(エフエックス)の自動売買のデメリット

FX(エフエックス)の自動売買のデメリットについてですが、条件を設定するのが難しいという事が最も大きいデメリットではないでしょうか。基本的にはエントリーするポイントとクローズするポイントを指定しておくだけなのですが、その条件というの設定には非常に苦労をするはずです。例えばRSIが20を切ったらロングポジションを入れるという事を考える人もいるでしょう。しかし、このような単純なもので良いのでしょうか。このようなことが疑問として考えられるでしょう。

エントリーするポイントとともにクローズするポイントというのも難しいものではないでしょうか。クローズするポイントというのは利益確定のポイントともうひとつストップロスのポイントの両方を指定しなければなりません。利益確定もストップロスも、まだ見えていない先の条件を先に指定しておかなければならないのです。つまり見えていない先の取引をしなければならないという事がFX(エフエックス)の自動売買のデメリットとも言えるでしょう。

さらにもうひとつデメリットをあげるとすれば、テクニカル分析などの高度な技術を必要とするという点ではないでしょうか。テクニカル分析でも簡単なものもありますが、自動売買を本格的に行っている人の多くは、様々なテクニカル分析を複雑にかみ合わせているのです。このような事からFXの自動売買をするときには、メリットだけではなくてデメリットもあるという事を知っておかなければならないでしょう。

FXCMジャパンのFX自動売買シストレステーション

FXCMジャパンのFX自動売買シストレステーションについてみてみましょう。らくちんなFX自動売買として有名ならくちんFXのFXCMジャパンが、新たなサービスを投入してきました。それが、このシストレステーションなのです。

このバージョンアップしたシストレステーションですが、なんといってもバックアップ体制、つまり、利用者を支援する体制に力が入っているということです。例えば、どのようにFX自動売買をやるのかをオンラインヘルプだけで説明するのではなく、なんと、スキルアップのセミナーをオンラインでもやっていて、パソコンの前で、いろいろなトレーディングのノウハウを学ぶことができます。実際に取引をしないまでも、これだけでも十分に価値があります。また、実際に取引する前に、取引のデモンストレーションも利用できて、氏名とメールアドレス登録だけで利用できます。これで、自分にとって使いやすいのか、条件が合うのかなど、いろいろ試してから、利用できるので、嬉しい機能です。実際にやってから、合ってなかったなんていうのは、避けたいですからね。そして、大幅にバージョンアップしたという目玉は、1500以上もあるシステムを選択できることです。これだけあれば、あなたの思うように動いてくれるシステムが見つかるでしょう。さらに、この中から、T-Scoreを利用すれば、今、好成績を出しているシステムを選び出すこともできるので、とてもやりやすくなっています。これなら、初心者でも、勝ちにいけますよね。